不動産のご質問 和泉さくら地所 税金のお話
トップページ
ご契約の
流れ
土地選びの
ポイント
購入時の
諸費用
売却時の
諸費用
資金計画
について
不動産売却により、譲渡益が生じた場合、その利益に対して
課税されます。譲渡所得税について詳しく説明します。

課税譲渡所得金額の計算
譲渡所得金額は、譲渡による収入金額から、その不動産を
取得したときの価額ャ取得に要した費用、及び譲渡に要した費
用を差し引いて計算される。この「譲渡所得金額」から、さらに
特別
控除額を控除して求めたものが、税額計算の基礎とされる
「課税譲渡所得金額」といわれるものです。
課税譲渡所得金額の計算式
課税譲渡所得金額=譲渡価額-取得費-譲渡費用-特別控除
取得費とは
売却した土地や建物の購入代金(減価償却後)購入時の
仲介手数料、立退き料、移転料、購入契約書に貼った印紙代
登録免許税や登録手数料、不動産取得税、特別土地保有税
搬入費や据付費、建物等の取壊し費用。
購入時の契約書、領収書によって確認します。
実際の取得費が不明の場合は、譲渡価格の5%となります。
譲渡費用
土地や建物を売却するために要した費用で、売却時の仲介
手数料、売却に伴え広告費や測量費、売買契約書に貼った
印紙代、売却時に支払う立ち退き料、建物等の取壊し費用
等があります。
特別控除
これは、国の政策的な配慮によって設けられたもので
住居用財産を売った場合の3000万円の特別控除等が
あります。
※長期譲渡所得について無条件で認められていた100
万円の特別控除は平成16年1月1日から廃止になりました。
長期譲渡所得の税金
所有期間5年超の長期譲渡所得にかかる税金は、次の
税率を適用して計算します。
課税長期譲渡所得金額×20%(所得税15%・住民税5%)
            =所得税額及び住民税額
短期譲渡所得の税金
所得期間5年以下の短期譲渡所得にかかる税金は次の
税率を適用して計算します。
課税短期譲渡所得金額×39%(所得税30%・住民税9%)
            =所得税額及び住民税額